整腸剤、下剤、乳酸菌サプリ 違いってなに?

ben5
下痢や便秘がひどい人は、どのような対策をしていますか?整腸剤を使用して腸内環境を整える人もいれば、便秘がひどい人は下剤で便の排出を促す人もいるでしょう。また乳酸菌は腸内環境を整えることができますので、乳酸菌サプリを摂取している人も多いのではないでしょうか?しかし整腸剤、下剤、乳酸菌、よく聞くワードですが、イマイチ違いがわからないという人も意外と多いのです。今回は整腸剤、下剤乳酸菌の違いについて説明します。

【整腸剤と便秘薬の違いは?】
整腸剤とは腸内環境を整えるための薬です。便秘や下痢を引き起こしてしまうのは腸内環境の悪化が原因となっています。腸内に悪玉菌が増加することによって便秘を引き起こしてしまうのです。また腸内に便や有害物質が溜まってしまうと、さらに腸内環境は悪化し便秘をひどくしてしまい、慢性化することも。一方便秘薬は、腸内貯まった便を力によって排出する薬になります。薬の強さとしては、整腸剤よりも便秘薬の方が強力です。逆に整腸剤は効果がマイルドで即効性はあまり期待できません。しかし便秘薬は服用すると腹痛を伴う場合がありますが、整腸剤には副作用がありません。

【整腸剤には乳酸菌が配合されているものもある】
整腸剤の中には、乳酸菌やビフィズス菌などの生菌類を含むものもあります。つまり乳酸菌を配合されているサプリメントと整腸剤はほとんど同じものと考えてもよいでしょう。しかし整腸剤は薬になるので医薬品扱いになります。整腸剤は医薬品ですので、用法や用量を守って服用する必要があります。一方乳酸菌サプリには用法、用量は特に定められていないので手軽に摂取できるかもしれませんね。

【乳酸菌サプリは副作用がない】
乳酸菌サプリは食品としての位置づけになりますので、副作用がなく安全性が高いと言われています。長期的に摂取しても安心なのは嬉しいですね。もちろんたくさんの乳酸菌が配合されているので効果は期待できますし、腸内環境を整えるサポートをしてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です