乳酸菌で口臭・歯周病予防

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる役割があります。整腸作用だけではなく、免疫力アップやうつ病改善など様々な効果が期待できる乳酸菌は口臭や歯周病予防にもつながります。ではなぜ乳酸菌が口臭や歯周病予防につながるのでしょうか?今回は乳酸菌で口臭、歯周病予防ができる理由について説明します。

【歯周病や口臭は細菌によって引き起こされる】
歯周病は口の中にいる細菌による感染症の1つです。口の中には、腸内と同じようにたくさんの細菌が棲みついており、その数は300種類以上と言われています。特に歯周病はジンジバリス菌と呼ばれる歯周病菌によって引き起こされています。歯周病は歯と歯茎の間にジンジバリス菌が入り込み、歯茎に炎症を起こします。この炎症が続いてしまうと、歯を支える骨が溶けて歯が上手く支えられなくなるのです。この状態が歯周病と言われています。またこのジンジバリス菌に感染すると、強い悪臭を放ちます。つまり歯周病になると口臭がひどくなるのは、このジンジバリス菌などの細菌感染が原因となっているのです。

【乳酸菌LS1は歯周病、口臭予防に効果的】
乳酸菌の中でもLS1という種類は歯周病、口臭予防に効果があると言われています。乳酸菌LS1は唾液の中に存在している乳酸菌の1つであり、歯周病菌であるジンジバリス菌を殺菌する働きがあります。また虫歯菌にも効果があり、虫歯菌が作りだす不溶性グルカンも減少することがわかっています。乳酸菌LS1は、乳酸を自ら生産するのですが、この自ら生産した乳酸に対して弱く死滅してしまうという性質も持っています。

【乳酸菌LS1は口腔内フローラのバランスを改善】
口の中には無数の細菌が生息しています。この中には善玉菌だけでなく、悪玉菌もおり、その様子はまるでお花畑のようなので、口腔内フローラと呼ばれているのです。乳酸菌LS1は悪玉菌の数を減らすことによって、口腔内フローラのバランスを保ち、口腔内を健康的な状態に改善してくれるのです。
ben6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です