乳酸菌の摂り方 毎日とりつづけなければ意味がない?

ben7
乳酸菌は腸内環境を整えて便秘解消や免疫力アップ、歯周病や口臭予防にも効果があると言われています。食品の中にはヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多く含まれており、食品として摂取する時に1日の摂取量など特別な目安は特にありません。また過剰に摂取したからといって副作用が起こったり、体に害が生じたりすることも現在のところ確認されていないので、安心して摂取できるでしょう。体にとってよいとされる乳酸菌はできるだけたくさん摂取したいですよね。しかし毎日摂取しなければ、意味がないと言われています。ではどうして乳酸菌は毎日摂り続ける必要があるのでしょうか?その理由を考えてみましょう。

【乳酸菌には即効性はない?】
乳酸菌を継続的に摂取しなければならない理由の1つとして、乳酸菌には即効性がないことがあります。乳酸菌は摂取したからといってすぐにその効果を発揮するわけではありません。時間をかけて腸内で働き、腸内環境を改善してくれるので1日、2日摂取しても期待できる効果は得られないのです。つまり毎日継続して飲まなければ意味がないのです。

【乳酸菌は摂取してもすぐに減少する】
腸内細菌には善玉菌と悪玉菌の2種類があります。乳酸菌を摂取した時は善玉菌の量が増え、腸内環境は改善されます。しかし乳酸菌の摂取をやめると、善玉菌は一気に減少してしまい、悪玉菌が増加します。するとみるみるうちに腸内環境は悪化してしまうのです。腸内にある善玉菌は成人の場合、数がもともと少ないです。乳酸菌を摂取すれば善玉菌優位に働きますが、乳酸菌はすぐに減少してしまうので毎日摂取しなければ意味がないのです。

【乳酸菌は腸に留まることができない】
乳酸菌は生きた状態で腸に届けることはできますが、腸に留まるという研究結果は未だに発表されていません。つまり乳酸菌は長い間腸に留まることができないのです。だからこそすぐに減少してしまい、効果を持続できないのです。乳酸菌による一定の効果を期待するのであれば、毎日乳酸菌を継続して摂取する必要があるでしょう。

乳酸菌が直接腸まで届く必要ってあるの?生きたまま届ける意味は?

一昔前、乳酸菌は生きたまま腸に届けなければ意味がないと言われていました。最近では研究が進み、死滅した乳酸菌も生きた乳酸菌もどちらも腸内環境を改善する効果があることが分かっています。生きたまま届けるのが最もよいのですが、死滅してしまったとしても腸にまで届けば高い効果を実感できるでしょう。今回は乳酸菌を直接腸に届ける意味を説明しましょう。
ben8
【死滅した乳酸菌を腸にまで届ければ善玉菌のエサとなる】
乳酸菌にはビフィズス菌など100種類以上あります。たくさんの種類がありますがその働きはほとんど同じで、免疫力をアップさせる、血圧やコレステロール値の低下、善玉菌増加などの作用があります。一般的に体外から乳酸菌を摂取した場合、胃や十二指腸などを通って腸に届けられます。しかし胃からは胃酸、十二指腸からは胆汁と呼ばれる消化酵素が分泌されています。この消化酵素は酸性であり、この酸性下の環境によって乳酸菌はほとんど死滅してしますのです。しかし死滅してしまったとしても腸にまで届けられれば、生きた乳酸菌と同じ働きが期待できます。また死滅した乳酸菌は善玉菌のエサとなるので善玉菌の増殖につながりますよ。つまり生きているか、死んでいるかは重要ではなく、腸にまで届けられるかどうかがポイントとなってくるのです。

【生きた状態で腸に届けられた乳酸菌は増殖できない】
乳酸菌が生きた状態で腸に届けられたとしても、その生きた乳酸菌が腸内で増加したという結果が報告された論文は未だに発表されていません。つまり生きた状態で腸に届けられたからといって、増殖するというわけではないのです。乳酸菌の整腸作用は、菌の生死は関係ありません。乳酸菌の免疫機能が活性化されることによって整腸作用や免疫力がアップすると言われているのです。

【生きたまま腸に届く乳酸菌の種類】
乳酸菌は非常に種類が豊富で現在分かっているだけでも100種類あると言われています。この中でも生きたまま腸に届く乳酸菌といえば、BB536、乳酸菌シロタ株などがあります。これらの乳酸菌は他の種類のものよりも厳しい環境下で生き残ることができると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です