乳酸菌は糖尿病予防に効果あり?良い事づくめの乳酸菌サプリ

ben9
乳酸菌は免疫力アップや便秘解消、美肌効果など体を健康にするためには欠かせないと言っても過言ではありません。そんな乳酸菌には糖尿病を予防する効果もあると言われています。今回はなぜ乳酸菌が糖尿病に効果があるのかを説明しましょう。

【糖尿病ってどんな病気?】
まずは糖尿病について説明します。糖尿病は尿から糖分が出てしまう病気です。通常であれば腎臓で糖分は濾過されて尿に排出されることはありません。糖分は私達の体にとって必要不可欠。体内に摂取された糖分は胃で分解されてブドウ糖になります。ブドウ糖の形で腸内に吸収されて、肝臓を通過します。さらに肝臓から血液に含まれて体のあらゆるところへエネルギー源として使われるのです。腸内の環境が悪くなり、悪玉菌が増えた状態になると、糖の代謝異常が起こります。代謝異常が起きてしまうとブドウ糖を細胞に運搬することができなくなってしまうのです。

【糖尿病予防には糖の代謝を正常にすることが重要】
糖尿病にならないようにするためには、糖の代謝を正常にしなければなりません。腸内環境のバランスが崩れてしまうと、腸内でのブドウ糖の吸収は正常に行われなくなります。それだけではなく、すい臓で分泌されているインスリンと呼ばれるホルモンも低下してしまうため、糖の代謝ができなくなり、高血糖の状態になってしまいます。高血糖の状態になると尿に糖が排出されてしまうでしょう。糖尿病にならないためには、まずは善玉菌を増やして腸内環境を良くしてあげたいですね。

【腸内環境を正常にするには乳酸菌】
乳酸菌を摂取すれば腸内細菌叢は正常になります。善玉菌が増えて悪玉菌の増加を抑制させてくれるので、腸内を健康的な状態に保つことができます。また腸内環境が整えば、すい臓のインスリン分泌も正常に作用しますので糖の代謝を改善できるのです。糖尿病は生活習慣病の1つであり、食事制限などをしなくてはならないので非常に大変です。糖尿病にならないように乳酸菌を日頃から積極的に摂取するようにしたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です