植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

便秘改善やウイルス感染症予防、うつ病改善など様々な効果をもたらしてくれる乳酸菌は体にとって積極的に摂取したいものです。乳酸菌の摂取方法としては乳酸菌を含む食品を食べたり、乳酸菌を配合したサプリメントを摂取したりする方法があるでしょう。また乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類があります。それぞれどんな違いがあるのでしょうか?今回は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いについて説明します。

【植物性乳酸菌とは?】
植物性乳酸菌は漬物や味噌などの発酵食品に多く含まれています。ブドウ糖、果糖、ショ糖など様々な糖類と関係しており、糖の濃度は一定でなくても生息することができます。また栄養があまりない状況下やバランスが悪い場所でも生息する強い生命力を持っています。さらに他の微生物との共存も可能で、食塩高濃度下でも生きていけるのです。一般的に動物性乳酸菌に比べて、刺激が強い環境下でも生き抜く力を持っていると言われています。

【動物性乳酸菌とは?】
動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズなど乳製品に多く含まれています。基本的に牛乳由来の場所に生息しています。関係する糖は乳頭のみで糖の濃度は一定でなければなりません。また単独で生息し、栄養が豊富でバランスのよい環境下でなければ生きていけません。温度や酸などにも弱く、40度を超えると死滅してしまうでしょう。
ben10
【栄養面で考えると植物性乳酸菌がおすすめ】
植物性乳酸菌は日本の食事でいうと味噌や糠漬けに豊富に含まれています。また韓国であればキムチ、中国であればザーサイ、アメリカではピクルスなどの発酵食品に多く含まれています。これらの発酵食品は世界中で古くから食べられているのでなじみがありますね。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて過酷な環境下でも生き抜く力があるため、胃酸などによって死滅することもなく、腸にまで届いてくれるでしょう。また植物発酵食品は、ヨーグルトやチーズに比べてカロリーが低く栄養価も高いので、栄養面を考えるのであれば植物性乳酸菌の摂取がおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です