カテゴリー別アーカイブ: 乳酸菌について

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

便秘改善やウイルス感染症予防、うつ病改善など様々な効果をもたらしてくれる乳酸菌は体にとって積極的に摂取したいものです。乳酸菌の摂取方法としては乳酸菌を含む食品を食べたり、乳酸菌を配合したサプリメントを摂取したりする方法があるでしょう。また乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類があります。それぞれどんな違いがあるのでしょうか?今回は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いについて説明します。

【植物性乳酸菌とは?】
植物性乳酸菌は漬物や味噌などの発酵食品に多く含まれています。ブドウ糖、果糖、ショ糖など様々な糖類と関係しており、糖の濃度は一定でなくても生息することができます。また栄養があまりない状況下やバランスが悪い場所でも生息する強い生命力を持っています。さらに他の微生物との共存も可能で、食塩高濃度下でも生きていけるのです。一般的に動物性乳酸菌に比べて、刺激が強い環境下でも生き抜く力を持っていると言われています。

【動物性乳酸菌とは?】
動物性乳酸菌はヨーグルトやチーズなど乳製品に多く含まれています。基本的に牛乳由来の場所に生息しています。関係する糖は乳頭のみで糖の濃度は一定でなければなりません。また単独で生息し、栄養が豊富でバランスのよい環境下でなければ生きていけません。温度や酸などにも弱く、40度を超えると死滅してしまうでしょう。
ben10
【栄養面で考えると植物性乳酸菌がおすすめ】
植物性乳酸菌は日本の食事でいうと味噌や糠漬けに豊富に含まれています。また韓国であればキムチ、中国であればザーサイ、アメリカではピクルスなどの発酵食品に多く含まれています。これらの発酵食品は世界中で古くから食べられているのでなじみがありますね。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて過酷な環境下でも生き抜く力があるため、胃酸などによって死滅することもなく、腸にまで届いてくれるでしょう。また植物発酵食品は、ヨーグルトやチーズに比べてカロリーが低く栄養価も高いので、栄養面を考えるのであれば植物性乳酸菌の摂取がおすすめですよ。

乳酸菌の摂り方 毎日とりつづけなければ意味がない?

ben7
乳酸菌は腸内環境を整えて便秘解消や免疫力アップ、歯周病や口臭予防にも効果があると言われています。食品の中にはヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多く含まれており、食品として摂取する時に1日の摂取量など特別な目安は特にありません。また過剰に摂取したからといって副作用が起こったり、体に害が生じたりすることも現在のところ確認されていないので、安心して摂取できるでしょう。体にとってよいとされる乳酸菌はできるだけたくさん摂取したいですよね。しかし毎日摂取しなければ、意味がないと言われています。ではどうして乳酸菌は毎日摂り続ける必要があるのでしょうか?その理由を考えてみましょう。

【乳酸菌には即効性はない?】
乳酸菌を継続的に摂取しなければならない理由の1つとして、乳酸菌には即効性がないことがあります。乳酸菌は摂取したからといってすぐにその効果を発揮するわけではありません。時間をかけて腸内で働き、腸内環境を改善してくれるので1日、2日摂取しても期待できる効果は得られないのです。つまり毎日継続して飲まなければ意味がないのです。

【乳酸菌は摂取してもすぐに減少する】
腸内細菌には善玉菌と悪玉菌の2種類があります。乳酸菌を摂取した時は善玉菌の量が増え、腸内環境は改善されます。しかし乳酸菌の摂取をやめると、善玉菌は一気に減少してしまい、悪玉菌が増加します。するとみるみるうちに腸内環境は悪化してしまうのです。腸内にある善玉菌は成人の場合、数がもともと少ないです。乳酸菌を摂取すれば善玉菌優位に働きますが、乳酸菌はすぐに減少してしまうので毎日摂取しなければ意味がないのです。

【乳酸菌は腸に留まることができない】
乳酸菌は生きた状態で腸に届けることはできますが、腸に留まるという研究結果は未だに発表されていません。つまり乳酸菌は長い間腸に留まることができないのです。だからこそすぐに減少してしまい、効果を持続できないのです。乳酸菌による一定の効果を期待するのであれば、毎日乳酸菌を継続して摂取する必要があるでしょう。

乳酸菌が直接腸まで届く必要ってあるの?生きたまま届ける意味は?

一昔前、乳酸菌は生きたまま腸に届けなければ意味がないと言われていました。最近では研究が進み、死滅した乳酸菌も生きた乳酸菌もどちらも腸内環境を改善する効果があることが分かっています。生きたまま届けるのが最もよいのですが、死滅してしまったとしても腸にまで届けば高い効果を実感できるでしょう。今回は乳酸菌を直接腸に届ける意味を説明しましょう。
ben8
【死滅した乳酸菌を腸にまで届ければ善玉菌のエサとなる】
乳酸菌にはビフィズス菌など100種類以上あります。たくさんの種類がありますがその働きはほとんど同じで、免疫力をアップさせる、血圧やコレステロール値の低下、善玉菌増加などの作用があります。一般的に体外から乳酸菌を摂取した場合、胃や十二指腸などを通って腸に届けられます。しかし胃からは胃酸、十二指腸からは胆汁と呼ばれる消化酵素が分泌されています。この消化酵素は酸性であり、この酸性下の環境によって乳酸菌はほとんど死滅してしますのです。しかし死滅してしまったとしても腸にまで届けられれば、生きた乳酸菌と同じ働きが期待できます。また死滅した乳酸菌は善玉菌のエサとなるので善玉菌の増殖につながりますよ。つまり生きているか、死んでいるかは重要ではなく、腸にまで届けられるかどうかがポイントとなってくるのです。

【生きた状態で腸に届けられた乳酸菌は増殖できない】
乳酸菌が生きた状態で腸に届けられたとしても、その生きた乳酸菌が腸内で増加したという結果が報告された論文は未だに発表されていません。つまり生きた状態で腸に届けられたからといって、増殖するというわけではないのです。乳酸菌の整腸作用は、菌の生死は関係ありません。乳酸菌の免疫機能が活性化されることによって整腸作用や免疫力がアップすると言われているのです。

【生きたまま腸に届く乳酸菌の種類】
乳酸菌は非常に種類が豊富で現在分かっているだけでも100種類あると言われています。この中でも生きたまま腸に届く乳酸菌といえば、BB536、乳酸菌シロタ株などがあります。これらの乳酸菌は他の種類のものよりも厳しい環境下で生き残ることができると言われています。

乳酸菌で口臭・歯周病予防

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる役割があります。整腸作用だけではなく、免疫力アップやうつ病改善など様々な効果が期待できる乳酸菌は口臭や歯周病予防にもつながります。ではなぜ乳酸菌が口臭や歯周病予防につながるのでしょうか?今回は乳酸菌で口臭、歯周病予防ができる理由について説明します。

【歯周病や口臭は細菌によって引き起こされる】
歯周病は口の中にいる細菌による感染症の1つです。口の中には、腸内と同じようにたくさんの細菌が棲みついており、その数は300種類以上と言われています。特に歯周病はジンジバリス菌と呼ばれる歯周病菌によって引き起こされています。歯周病は歯と歯茎の間にジンジバリス菌が入り込み、歯茎に炎症を起こします。この炎症が続いてしまうと、歯を支える骨が溶けて歯が上手く支えられなくなるのです。この状態が歯周病と言われています。またこのジンジバリス菌に感染すると、強い悪臭を放ちます。つまり歯周病になると口臭がひどくなるのは、このジンジバリス菌などの細菌感染が原因となっているのです。

【乳酸菌LS1は歯周病、口臭予防に効果的】
乳酸菌の中でもLS1という種類は歯周病、口臭予防に効果があると言われています。乳酸菌LS1は唾液の中に存在している乳酸菌の1つであり、歯周病菌であるジンジバリス菌を殺菌する働きがあります。また虫歯菌にも効果があり、虫歯菌が作りだす不溶性グルカンも減少することがわかっています。乳酸菌LS1は、乳酸を自ら生産するのですが、この自ら生産した乳酸に対して弱く死滅してしまうという性質も持っています。

【乳酸菌LS1は口腔内フローラのバランスを改善】
口の中には無数の細菌が生息しています。この中には善玉菌だけでなく、悪玉菌もおり、その様子はまるでお花畑のようなので、口腔内フローラと呼ばれているのです。乳酸菌LS1は悪玉菌の数を減らすことによって、口腔内フローラのバランスを保ち、口腔内を健康的な状態に改善してくれるのです。
ben6

腸の中で死んだ善玉乳酸菌はどうなるの?

乳酸菌は生きたまま腸内に届けた方がよいと言われています。生きたまま腸に乳酸菌を届ければ、乳酸菌による効果は非常に大きいでしょう。しかし実際のところ乳酸菌は非常に酸に弱い性質を持っています。胃酸や胆汁などの影響を受けて、腸に届く前に死滅してしまうことがほとんどでしょう。では死滅してしまった乳酸菌は全く効果がないのでしょうか?今回は腸の中で死んでしまった善玉乳酸菌はどうなるのかを説明します。

【生きたままの乳酸菌の働き】
生きたまま腸内に届けられた乳酸菌は、糖分を分解して乳酸を発生させます。この乳酸は悪玉菌を減らす働きがあります。悪玉菌が増えた腸内には有害物質が溜まっていますので、乳酸菌によって悪玉菌を減らすことで有害物質や老廃物を体外へ積極的に排出してくれるようになるでしょう。

【死滅した乳酸菌の働き】
では腸の中で胃酸や胆汁の影響で死滅してしまった乳酸菌はどのような働きをするのでしょうか?死滅してしまった乳酸菌は、腸内に届けられ善玉菌のエサとなります。善玉菌のエサとなることで、善玉菌の増殖をサポートし、腸内環境を改善してくれるのです。また腸内の悪玉菌によって生成された有害物質と合成することによって、その有害物質を中和させる働きもあります。さらに免疫組織に働きかけて、免疫細胞を活性化させて免疫力アップにつながります。死滅した乳酸菌でも、ウイルス感染を予防することができるのです。

【乳酸菌の働きは生きていても死んでいても変わりはない】
以前は、乳酸菌は生きて腸に届かないと意味がないと言われていました。しかし最近の研究では生きていても死んでいても一定の効果は得られるということが分かってきています。乳酸菌においては生菌でも死菌でも免疫力をアップさせる作用やコレステロール値を抑制する作用などには特に大きな差はないと言われています。つまり生きたままの状態で腸内に届けなければ効果が得られないのではなく、死んだ状態でも効果は期待できるのです。つまり積極的に乳酸菌を摂取することが望ましいと言えるでしょう。
ben2